• HOME
  • ブログ
  • 有名人
  • シシド・カフカ 一流のドラマー・打楽器奏者が集うリズム・イベントを主宰! 「リズムを肌で感じて、自分を解放してほしいです」

シシド・カフカ 一流のドラマー・打楽器奏者が集うリズム・イベントを主宰! 「リズムを肌で感じて、自分を解放してほしいです」

<プロフィール>


シシド・カフカ

ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。モデル・女優としても活動し、NHKドラマ10「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵」にて初主演。自身がプロデュースするイベント「el tempo(エル・テンポ)」も精力的に開催している。

シシド・カフカさんプロデュースで話題のイベント、「エル・テンポ」について聞かせてください

「エル・テンポ」とは、コンダクターである私が、100種を超えるハンド・サインを駆使して合図を演奏者に送り、リズムを繰り出していく即興セッション・イベントです。演奏者は、日本を代表するパーカッション奏者さん、ドラマーさんに集まっていただいております。

 コンダクターも演奏者も、100種以上のハンド・サインを覚えることが、まず大変なんです。即興演奏なので、コンダクターの私は、100種超の中から、どのサインをどういうタイミングで出していくかも、瞬時に決める必要があります。

 コンダクターが出したサインひとつで音色が決まるので、おかしな音色になってしまったら、すべて私のせいです。「ステージ上でサインを何も思いつかなかったらどうしよう」と毎回不安になりますが、演奏者も観客も会場が一体になって、みんなが楽しんでくれると、本当にうれしいです。

エル・テンポの楽しみ方とは?

 リズムを肌で感じたままに、お酒を飲みながら、自分を解放してほしいです。私たちのほうで、空間に魔法をかけておきますから。

 未成年の方はお断りしているのですが、それは早く大人になってあの場所に行きたいと思ってもらえるようなイベントにしたいからです。大人が思いっきり楽しめる遊び場になるといいな、と思っています。

大学生へメッセージをお願いします。

 大学という場所は、利用価値のあるものがたくさん転がっていると思っています。大学で勉強したいことがあるなら全部利用したらいいし、もし学外でやりたいことがあっても時間を捻出しやすい環境ですし。世の中には楽しいことはいっぱいありますが、目の前より先を見て、自分が本当に好きなことに全力を尽くしてください。

“好きに素直になる”というのが一番いいと思います。それを叶える手段はたくさんあるはずなので、みなさんそれぞれが模索してほしいなと思っています。

学生新聞2020年4月20日号より(中京大学3年 梶間直人)

日本大学4年 藤澤歌奈 / 慶応義塾大学4年 山本アンナ / 中京大学3年 梶間直人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。