• HOME
  • ブログ
  • 芸能人
  • 磯村勇斗 現場で生きたお芝居を表現する。どこにもない宝箱をどこかにあると信じて世界を航海する

磯村勇斗 現場で生きたお芝居を表現する。どこにもない宝箱をどこかにあると信じて世界を航海する

磯村 勇斗 (いそむらはやと)

主な出演作にドラマ「ひよっこ」、「今日から俺は!!」、「恋する母たち」、映画「東京リベンジャーズ」など。WOWOWオリジナルドラマ「キン肉マン THE LOST LEGEND」
(10月8日放送・配信開始)に出演予定のほか、待機作に劇場版「きのう何食べた?」(11月3日公開)がある。12月には舞台「泥人魚」への出演を控えている。

■劇場版「きのう何食べた?」につい

作品のテーマの一つは「食事」です。このご時世、食事が孤独になることもあると思いますが、本作を観て、誰かと食事をする大切な時間の温かさを感じていただけたらと思います。また、いろいろな人に当てはまる「愛の深さ」も見てほしいです。劇中のジルベールは憎めない魅力的なキャラクターです。彼を理解する上で、同性愛やLGBTのことを学ぶ必要がありました。一方で、一人の人間として役に対して生きればいいという感覚もありました。

■俳優としての心構えを聞かせてください

現場を大切にしたいと思っています。自分の役作りをそのまま現場で出すと、独りよがりのお芝居になる。現場には他の俳優さんやスタッフさんがいて、みんなで作品を作っています。そしてお芝居は二度と同じものを出せない、生き物なんですよね。だからこそ、みんなで一緒に作品を作る現場を大切にしたいと思っています。作品やお芝居には正解がなく、常に変化して成長していく必要がある。そこが俳優をやめられない理由かなと思います。

■大学生へのメッセージをお願いします

大学生活の4年間という大事な時期に、コロナ禍に見舞われ、もがいている人もいると思います。しかし、逆にこの苦しい時代を経験できる人って特別な存在だとも思っています。「こんな時代に生きているの、面白くない?」混乱の時代を生きていることを少しの喜びに変えるだけで、希望が見えると思います。あまりネガティブにならず、視野を広げて、自分の目で真実や世界を見てほしいなと思います。

学生新聞2021年10月号 津田塾大学4年 川浪亜紀

津田塾大学4年 川浪亜紀/明治学院大学4年 小嶋櫻子

劇場版「きのう何食べた?」
11月3日(水・祝)より全国東宝系にて公開
Ⓒ2021 劇場版「きのう何食べた?」製作委員会 
Ⓒよしながふみ/講談社

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。