長澤まさみ 理想のゴールはまだまだ先、だからこそ走り続ける

女優 長澤まさみ(ながさわ まさみ)
2000年第5回「東宝シンデレラ」オーディションにてグランプリを受賞し、同年女優としてデビュー。以来、話題作に多数出演。近年では『コンフィデンスマンJP』シリーズ、映画『マスカレード・ナイト』『SING/シング:ネクストステージ』『シン・ウルトラマン』など。最新作映画『百花』が公開中。
10月より、主演ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」がスタート(カンテレ・フジテレビ系/月曜22時〜放送)。

12歳で受けたオーディションのグランプリ受賞をきっかけに芸能界デビューを果たし、数多くの作品で圧倒的な存在感を放っている長澤まさみさん。今年は4年半ぶりとなる連続テレビドラマの主演も決定した。そんな華々しいキャリアを持つ長澤さんに、日々心がけているマインドや仕事への想いなど、真摯にお話いただいた。

幼少期からよくドラマは見ていて、物語を楽しむということが好きでした。小学6年生の頃に事務所のオーディションに合格したのですが、当時はまさか自分が女優になれるとは思ってもいませんでした。 デビューして約1ヵ月後にすぐ映画の撮影が始まったのですが、とにかく周りの役者さんたちに付いていくのに必死でした。これは女優業に限らずどのお仕事にも共通して言えることですが、自分が求める理想のゴールにずっと辿り着かないことが仕事のやりがいだと私は考えています。
それこそデビューしたての頃は、一つの作品を演じ切ることがゴールだと思って仕事をしていました。しかし作品が影響力を及ぼすのは撮影終了後です。作品を撮り終えることがゴールではなく、ゴールはその都度変わっていくものだと思うようになりました。ずっと先にあるゴールに向かって日々走り続けるからこそ、それがモチベーションとなって頑張れるのだと思います。

自分に素直に、〝等身大〞でいること

多くの人と関わる中で、常に等身大の自分で居続けることは難しいと思います。人と関われば自分の中にいろいろな感情が生まれるのは当然のことだからです。そして人は物事に真剣に取り組めば取り組むほど、たくさんの感情が能動的に湧き出るものだと思います。その中で私は自分の性格を理解することが凄く大切だと考えています。どんな状況のときに自分がどんな感情になるかを理解していれば、自分の感情をコントロールできるようになります。これは決して自分の感情を隠して人と接することではなく、自分の想いに素直になるための方法です。私も10代、20代の頃は感情的になりすぎてしまったりして上手くいかないこともたくさんありました。でも皆さん、もっと自分に素直になってもいいのです。その後に、そのときの自分を客観視して振り返れば、新たな発見や成長にもつながるし、自分のことをより深く理解するきっかけにもなります。

日々の生活が自分を形作る

忙しい中でも丁寧な暮らしを心がけています。身の回りの整理整頓や朝の掃除など、毎日行うことをルーティン化することで、自然と脳がスッキリするんです。やはり日々の生活は自分を形作るものなので、どれだけ時間がなくてもきちんとしようと意識しています。また、人と比べることはしません。 他人と比較して「自分なんて……」と感じてしまう経験、多くの人にあると思います。でもそれって自分のやる気を下げてしまうだけで、自分にとって何もプラスになることがないんですよね。どんなことも人それぞれペースがあるので、自分のペースで努力できていれば他人との比較は必要ないんです。  忙しいときこそ自分をじっくりと見つめ直すことが本当に大事だと考えています。自分のご機嫌を自分で取れるようになったら、人生もっと楽しく有意義になると思います。

ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』について

お芝居ってその場限りの生ものなので、保存が効かないんです。その瞬間に撮れたカットは、細部まで完璧に再現することはできません。演者一人ひとりがどれだけ役作りをしても、共演者との化学反応によってまったく違うシーンになることもしばしばあります。だからこそ私はその化学反応を楽しみながら、そこにある感情と真剣に向き合うようにしています。また今回演じた役は、自分が求める「正義」に真っ直ぐ突き進んでいく女性の役なのですが、私自身とても共感の多い役でした。自分自身と演じた役の状況は違えども年齢的に同世代で、仕事に対して次のステップアップをしたいという想いは共通していると感じました。そしてこの作品は本当に個性豊かなさまざまなキャラクターが登場するので、どの世代の方にも共感していただけると思います。ぜひ毎週、楽しみにご覧いただきたいです。

外の世界を見る大切さ

今の学生はコロナ禍での学生生活で、多くの人が我慢の時期を過ごしていたかと思います。そして物事が制限される中で、考え方や行動も内向きになっている人が多いのではないでしょうか? そこで私がお伝えしたいのは、視野を広げて外の世界を見てみること。私が皆さんと同世代のときに衝撃だったのが海外との文化の違いです。当時は撮影で主にアジア圏の国を訪れる機会が多かったのですが、そのたびにたくさんの驚きがありました。そしていろいろな国の人と触れ合うことで、自分のモラルや考え方のみが正解ではないんだということを、根本から学ぶことができました。人との出逢いは本当にかけがいのないものです。ぜひ広い世界に自ら飛び込んでみてください。


学生新聞2022年10月号/小学生新聞2022年9月号 慶應義塾大学 3年 伊東美優

『エルピス―希望、あるいは災い―』
(カンテレ・フジテレビ系・10月期・月10ドラマ)
主演・長澤まさみ× 眞栄田郷敦× 鈴木亮平
脚本・渡辺あや× 監督・大根仁による社会派エンターテインメント!
スキャンダルによって落ち目となったアナウンサーとバラエティー番組の若手ディレクターらが、死刑が確定した連続殺人事件の真相を追う!
https://www.ktv.jp/elpis

日本大学3年 石田耕司/慶應義塾大学3年 伊東美優/東海大学4年 大塚美咲/関東鍼灸専門学校3年 竹原孔龍

写真撮影:カメラマン 広田成太

<英文記事>

Actor Masami Nagasawa 

The ideal goal is still far away; that’s why I keep running 

■Profile: 

She was awarded the Grand Prix at the 5th ‘Toho Cinderella(東宝シンデレラ)’ audition in 2000 and debuted as an actress in the same year. Since then, she has appeared in many popular films. Recent films include ‘Confidence Man JP series(コンフィデンスマンJPシリーズ), ‘ Masquerade Night(マスカレード・ナイト)’, ‘SING: The Next Stage(SING/シング:ネクストステージ)’and Shin Ultraman(シン・ウルトラマン). His latest film, ‘A Hundred Flowers(百花),’ is currently in theatres. 

The drama series “Elpis – Hope or Disaster(エルピス―希望、あるいは災い―),” in which she plays the lead role, started in October (Kansai Fuji TV series / Mondays at 22:00 – broadcast). 

Masami Nagasawa debuted in the entertainment world after winning the Grand Prix at the audition when she was 12 and has been a stunning presence in many productions. This year, she was also chosen to play the lead role in a TV drama series for the first time in four and a half years. We interviewed Ms Nagasawa, who has had such a brilliant career, about her mindset and thoughts on her work, which she keeps in mind daily. 

I have watched TV dramas since I was a child, and I liked to enjoy stories. I passed an audition for the entertainment agency in the sixth year of elementary school, but I did not think I could become an actress then. About a month after my debut, I immediately started filming a movie, and I was just struggling to catch up with the actors around me. It is true of any job, not just acting, but I believe that the most satisfying part of the job is not consistently achieving the ideal goal that I am looking for. 

It is exactly how I used to act when I first debuted, thinking that the goal of my job was to finish acting in one piece of film. However, films have an influence only after the finishing of the shooting. I now believe that finishing a film is not the goal but that the goal changes occasionally. I think I can work hard every day towards a much farther away goal, which motivates me to keep working hard. 

■Be honest to yourself – be “life-size.” 

It isn’t easy to stay true to yourself when involved with many people. This is because it is normal for people to feel various emotions when interacting with others. Also, I think that when people work on things more seriously, many emotions will come out actively. More specifically, it is essential to understand one’s personality. If you know how you feel in any situation, you will be able to control your emotions. It is a way to be honest with your feelings, not to hide your emotions from people. When I was a teenager and in my twenties, I was too emotional, and many things didn’t go well. But everyone, it’s okay to be more honest with yourself. If you look back at yourself objectively afterward, it will lead to new discoveries and growth and give you a chance to understand yourself more deeply. 

■Daily life shapes who you are. 

I try to live carefully, even if I am very busy. I can naturally refresh my brain by making a regular routine of what I do every day, such as organizing my personal belongings and cleaning up in the morning. After all, my daily life shapes who I am, so I am always conscious of doing things properly, no matter how little time I have. Also, I don’t compare myself with others. I think many people have the experience of comparing themselves with others and feeling like “I know I can’t…”. But that reduces your motivation and doesn’t bring anything positive to you. Everyone has their personal pace in everything, so if you can work hard at your own pace, you don’t need to compare with others.  

I believe it is essential to look at yourself carefully, especially when you are busy. If you can care for yourself and your mood, I think your life will be more enjoyable and meaningful. 

■About the drama Elpis – Hope, or Disaster 

Acting is a live performance that is only live at the moment, so it can’t be preserved. The shots taken at that moment cannot be perfectly reproduced to the smallest detail. Even if each actor has worked hard on their role, the chemical reaction between them often results in a completely different scene. I therefore try to enjoy it and deal seriously with the emotions there. Also, the role I played this time was a woman heading straight for the ‘justice’ she sought, and I felt a lot of empathy for this role. Although my situation and the role I acted in were different, we were of the same generation in terms of age, and I felt we shared the same desire to take the next step up in our work. I think people of all ages can share the same feelings because the film has various unique characters. I hope you will look forward to watching it every week. 

■The importance of seeing the outside world

Many students nowadays have had a season of trying to be patient during their student life during the COVID-18 pandemic. And I suspect many of them have become more inward-looking in their thinking and behavior as things are restricted. I would like to tell you to broaden your perspective and look at the outside world. When I was your age, I was shocked by the cultural differences with other countries. At that time, I had many opportunities to visit mainly Asian countries for filming, and I was surprised by many surprises each time. 

Moreover, by interacting with people from different countries, I learned fundamentally that my morals and way of thinking are not the only correct ones. Encounters with people are truly precious. Please try to dive into the wide world by yourself. 

In charge of translation:INTERNATIONAL CHISTIAN UNAIVERSITY Mai Wako

翻訳担当:国際基督教大学1年 若生真衣

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。