優香 普段の自分とは違う、『いろんな優香』を演じられるのがこの仕事の魅力。 ちょっとずつ違う自分を表現できるのがすごく楽しい。

<プロフィール>
優香 (ゆうか)
1980年生まれ。1997年一般公募・インターネットにより芸名を募集し、現在の「優香」に決定。
その明るい笑顔と柔らかな雰囲気で元祖「癒し系」の代名詞となる。
バラエティの司会やコント、そしてドラマや映画など幅広い分野で活躍中。
現在は、『王様のブランチ』(TBS系)や『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)などレギュラー番組を多数抱えている。

祝・デビュー10周年!タレントとして、女性としてひとつの節目を迎える彼女に、この10年間の自分の変化や、芸能界で働く姿勢を語ってもらった。
デビュー当時は『仕事』というよりは『バイト』感覚でした

昨年デビュー10周年を迎えたそうですが、この10年間はどうでしたか?
「17歳から芸能界に入って、あっという間の10年間でしま!しかもはじめたころはまだ高校生だったんで、『仕事』というよりはむしら『バイト』感覚が強かったです。」

え、バイト‥‥‥ですか?
「うん(笑)。だって周りの子もバイトしていたし、あんまり『仕事』っていう意識はなかったですね。それにはじめたころは『10年間くらいやったら(芸能界は)辞めるかな』って思ってたくらいですから」

そうなんですか⁉︎デビュー時から考えて10年後というとちょうど今ですが。
「高校生のときはとにかく学業優先で、目標は『芸能界で活躍すること』というよりは『卒業』だったんで。それで高校を卒業してみて、さてどうしてようかなって考えたときに、『私には芸能界しかない!』ってこの道に進んだんですよ」

これまでの10年間、芸能界で「嫌な人」には一人も会ってません

高校卒業後、本格的に芸能界に入ってみてどうでしたか?
「う〜ん、思っていたよりも意外と普通でした!入る前はもっとキラキラしていて華やかな場所だと思っていましたから。あとイジメとかの心配もしていたんですけど、すごく周囲の人に普通に受け入れてもらえたのでびっくりしました。本当に優しい人ばっかりで、今のところ嫌な人には出会っていないですね」

そうなんですね!芸能界はもっと厳しいイメージがありましたが。
「厳しいのは確かです。ちょっとでも目立たなかったり露出がなくなるとすぐ忘れられてっちゃうと思うし。あと、やっぱり万人に好かれるっていうことはなくって、どうしても誰かには『嫌い』って言われちゃう」

やっぱり有名な人ほど、全く知らない人から悪口を言われることもあるんでしょうね。
「昔はそういうことをすごく気にしていて、自分に起こったこととか反省的とかをすべて受け入れては暗くなっていたんだけど、今は開き直るようにしています。それでもやっぱり時々まだ気にしちゃうこともあるけど、でも『どっちでもいい』って思われるよりはいいかなって思ってますね」

でも本当は常に笑顔を絶やさない優香さんですが、その明るさの秘訣は何ですか?
「う〜ん。元気がなくなったり気分が暗くなったときには、人と会うようにしています。それに自分の近くに自分を『好き』って言ってくれる友達やスタッフの方がたくさんいるから、嫌なことがあったらいつでも慰めてもらったり、いっぱい元気をもらっています。あとはいっぱい笑うことです!」

今自分のなかで面白いのは……コントかな?

この10年間バラエティやドラマなどさまざまな分野で大活躍ですが、一番ご自身がお好きな分野はどれですか?
「私は飽きっぽいのか、何をやっても満足しない性格なんです。だからどの分野をやっても、すぐ違うことに興味が出ちゃうんですよね。でも、強いていえば……コントですかね」

それは意外ですね!
「やっぱりほかの現場と違って、ほかの人の反応がすぐ見れるから好きなんですよ。あとはその場で自分のやったことに対して笑ってくれる人がいるっていうのはいいですよ」

じゃあ今年はコントでの優香さんの活躍が期待できるということですね……。
「えーー。でもやっぱり飽きっぽいので、コントだけやっていたらそれはそれで違うこともやりたくなるんじゃないかな。でも次に何をやりたいかとかは、現在考え中です。私あんまり欲がないのか、仕事とかで『コレしたい』『アレしたい』っていうのが特にないんですよ〜。のんびりしてるんでしょうね」

仕事の現場は自分にとって「好きな人に会える場所」

この10年間で仕事に対する意識は変わりましたか?
「もちろん今はさすがにデビュー当時のバイト感覚はなくなりましたよ(笑)でも、正直あんまり『仕事』っていう感覚は今もないですね。現場にいる『自分が仲よくって好きな人たちに会いに行く』っていう感覚のほうが強いかも……。あとは、これは仕事に関することだけじゃないですけど、ほかの人の意見も受け入れられなかったんだけど、最近は何か言われても『あぁ、そういうことなんだ』って納得できるようになりました」

では、今の優香さんにとって、芸能界で働くことの一番の魅力は何ですか?
「普通の自分とは違う、『いろんな優香』を演じられることかな。もちろん、その優香も全部自分なんだけど、ちょっとずつ違う自分を表現できるのがすごく楽しいです!」

逆に辛い点は?
「う~ん、辛いことじゃないかもしれないけど、テレビをリラックスして観られなくなったことです(笑)。特に、バラエティ番組!バラエティ番組って出演している側からすると、実はすごく難しいんですよ。コメントのタイミングだったり。トークのネタだったり。いつも上手な切り返しをする芸人さんとかを見ていると、『なんであんなに頭の回転が早いんだろう!』ってびっくりするくらい。だからバラエティ番組を見ているときには、自分が出演するときのための練習じゃないんだけど『自分がここでコメントをふられたらどうするか』とか『自分だったらなんて回答するか』とかそんなことばっかり考えていますね」

それは落ち着けないですね(笑)。有名人の方だと外に出ると目立っちゃうので、休日でも家で過ごすことが多そうなイメージがあるんですが、休日は何をしてるんですか?
「え~~!意外とあまり気にしないで、行きたいところに行ってますよ!エステに行ったりマッサージも大好きだし。あと、最近はホットヨガも始めたんで、週に1回くらいは行くようにしてますよ~。あと家ではDVDを観たり、犬と遊んだり……」

意外の連続ですね……。それでは最後に、学生たちに一言お願いします!
「私は大学生ってやったことないから、キャンパスライフとかサークルとかってすごく憧れでしたね~。とにかく学生さんは自由な時間が多いうちに、精一杯遊んでいろいろチャレンジしてほしいですね!あ、でも就職活動のときはちゃんと遊びをリセットしてがんばってください(笑)!」

forGirls 2008年1月号より

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。