一度ゼロにすることを恐れず、一歩踏み出すことを大切に。

第3回世界環境学生サミットグラプリ受賞者 

慶應義塾大学 1年 鈴木華子(すずきはなこ)

登壇したきっかけ

 登壇したきっかけは友人が出場していたからです。登壇した理由は主に三つあります。一つ目は日本の虐待に関わる現状について多くの方に知っていただきたかったからです。現在、児童相談所の人手不足や虐待を受けている子供が自発的に助けを求めることができないことなどが問題となっています。また、アメリカだとベビーシッターなどをアルバイトで雇うことがあるように、若いうちから子育ての方法を学ぶ仕組みが整っていますが、日本では中高生を始め全国民に対しての実践的な児童教育が不足しているので、親になっていきなり子育てをしようとしても難しい部分があります。そういった日本の問題を多くの人に伝え、自分のできることから行動に移していきたいです。

 二つ目は客観的な意見が欲しかったからです。実際登壇してみて、日本には実践的な育児教育がないという点に関して不安を感じている同年代の意見が得られました。これからも多くの方に動画を見ていただきたいです。

 三つ目は自分の活動に協力してくださる方を見つけたいという思いで登壇しました。“現状を変えたい”という私の思いに熱く共感してくれた友人や、ラインのやり取りで暖かく応援してくれた目上の方がいたのでとても励みになりました。

中高生へ実践的児童教育を届けたい

 プレゼンの内容は SDGsの「質の高い教育をみんなに」をテーマに、自分が関心を持っている児童虐待の解決策として、中高生を中心に実践的児童教育を届けるというものでした。その中で、そもそも虐待がなぜ問題なのか、虐待の根底にある問題は何なのかなどを具体的な数字を出しながらお話させていただきました。

 具体的な実践的児童教育として一ヶ月間のプログラムを考えています。一か月に計4回育児に関する知識や経験を積めるようなプログラムを考えています。1週目は児童相談所の児童心理士さんが子供の心境を教えてくれるプログラム、2週目は実際に子育てをした経験のある保護者の方に講師として招き、大変だったエピソードや、その乗り越え方を教えていただきます。3週目は保育士さんにきていただき、育児に必要な事前準備や注意事項の確認し、4週目に実際に保育園へ訪問して子供の面倒を見る機会を提供したいと思っています。対象は中高生と妊娠を公表できない方を考えています。妊娠を公表できていれば、ファミリー学級で子育ての仕方を教えてもらえますが、公表できていなければ、そもそもファミリー学級にもいけないので、そのような方にも開かれた場でありたいという思いがあります。

活動に関するやりがいや苦労

虐待を受けている子供を実際に助けたという経験はまだないのですが、その予防策として虐待問題をみんなで一緒に考える機会を作るということに非常にやりがいを感じます。私は去年中高生と専門家が虐待問題について一緒に考えるシンポジウムを開催しました。中高生だけではなく、専門家の意見も交えて虐待問題のどこが問題なのかを探ることができ、中高生からは「詳しく学べて良かった」、専門家からは「中高生の意見や考えが聞けて嬉しかった」という声が上がり、とてもやりがいを感じましたね。

 苦労していることは、自分自身に子育ての経験がないので、保護者の気持ちにどうやって寄り添えばいいのか考えなくてはならないということですね。以前メーカーユニバーシティ18というところで、「実体験がないから社会を変えることができないというのはおかしい」という起業家のお話があり、その言葉に支えられています。「今変えるという決意が重要だ」と思いながら行動しています。

今後の展望

 育児教育をこれから事業として着実に行っていきたいと思っています。そのために、協力者を見つけてどんどん活動して今年中には一回ぐらいプログラムを実現してみたいと思っていますね。

 そして自分が親になった時のアプローチとしては子供がやりたいことをやらせてあげる親になりたいと思っています。自分の思っている正しさ、自分が思っている心情を押し付けないことが一番重要だと思っています。

message

 自分で一歩踏み出すことが大事ですね。困難に直面したら、自分の気持ちをゼロにして、これから何をしてもいいんだという気持ちで自分にとって大事なことを再度組み立てることが重要だと思います。そうすると、これから何をしてもプラスの方法にしか行かないじゃないですか?だから、一回ゼロにすることを恐れずに、自分がやりたいこと、自分が信じていることを考え直すことが大切ですね。

学生新聞WEB2021年7月2日取材 早稲田大学3 年 Nang Honey Aung

世界環境学生サミット 統括 山形航汰

 世界環境学生サミットは、中学生〜大学生が7分間のプレゼンテーションを行い、世界へ発信する場です。学生の学生による学生のためのサミットをコンセプトに開催された第1回から第3回を経て、世界6か国。全地方から学生が参加し、のべ65名のエントリーとなりました。

    この世界環境学生サミットは大小関わらず、自分達の取り組みやSDGsへの想いを発信したい学生達のためにどこからでも参加できるオンライン完結の場として開催しております。

    そこで、僕が学生に知って欲しいことは「子供だから」「大人だから」という制限を外して自分のやりたいこと・想いに向けて前に進んで欲しいという想いがあります。

    例えば、インドでは環境活動家リシプリア・カングジャムさんがわずか9歳の内から大人達に環境問題を訴えかけているのです。

    今日本でもSDGsの認知度は高まってきてますが、知るだけではなく行動に移さないと人が住めない環境へと歩むことになりかねません。この熱い想いを持つ学生がまだまだたくさんいることを僕自身感じています。そんな素晴らしい学生達がもっと発信しやすい環境を作っていきますので、共に発信し、かけがえのない仲間を作り、誰ひとり取り残さない世界を築く一歩になって欲しいと思っております。

■運営メンバーの紹介

山路はるかさん
高校3年
https://youtu.be/HE-X1G0bH-k

平井鈴音菜さん
大学2年
https://youtu.be/w8rM2aqBP9E

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。